fc2ブログ

えむえむず

楽しく生きてるやつの日記みたいなもんです。

ダイブのこと:305号室  

ダイブの話。
ダイブのことを書くつもりだったのに、前回の話からまた時間が空いてしまった。
まとめて書こうと思うとうまくいかないから、少しずつでも書けたらいいなと思うんだけども。とりあえずは身近なところから書こうと思う。

僕らが普段住んでいるのはそこそこ都会にあるアパートだ。古くはないが特別洒落ている訳でもない。三階の305号室。ここが1番上の階だ。端から数えると4つ目の部屋だが、慣例でここは305号室。
玄関を入ったらすぐキッチン。キッチンは広い方がいいなと思いつつもここは狭い。その先に9畳程のリビング。リビングには大きな窓があって、ベランダがある。リビングの隣に寝室と、更に隣に一応机と棚の置かれた作業部屋がある。あとは、トイレと風呂場と洗面所にはキッチン側からいける。

実利的なことをいえばダイブの拠点となるスペースはイメージのしやすさも重要だ。
この場所の元になっているのは、僕らが数年ほど2人で過ごした大学時代のアパートだ。散々2人で過ごした場所だからイメージもしやすい。
もちろん本当はこんなに広くなくて、ダイブの方はお隣を含めた倍の広さがある。まあいろいろ書くよりも図面にした方が早いな。また今度乗せたい。

とにかく、そもそもダイブをし始めた時はそこに住んでいた訳だ。その場にいる訳だから空間把握もしやすかったし、なんとなく感覚的にもやりやすかったような気がする。イメージとしては、神々のトライフォースでいうところの闇の世界みたいな(これ伝わるのか?)似てるけど別世界、みたいな感じだろうか。物があったりなかったり、カラーリングや素材が違ったりはするけど、大体はあの部屋がベースになっている。
ベッドで寝ながらダイブして、ダイブでも似たような空間で起き上がるのは、個人的にはイメージがしやすかった。
もしかしてまた引っ越すことがあったら、ダイブでも引越しをするかもしれない。

ちなみに今は実家暮らしだけど実家ベースの建物は前からあって、今はなんとなく両方の家を使っている。
戸建ての家は都会からは離れた森の中みたいなところにあるんだけど、そっちのことはまた今度。

景色はなかなかいい。3階で、建物自体も少し高い所に建っているので、空を遮るものがないし、街が綺麗に見える。大通りがあって、その先に人がたくさんいるのが見える。朝には市場が出て、たくさんの人がいる。よく晴れた日、リビングの大きな窓(というかベランダへの扉)からは青空が見える。寝転がっていれば青空しか見えない。

僕らがよくこの部屋でしていることと言えば、ただのんびり過ごしたりだとか、そんなことだ。そんなことなら別にダイブでなくともできる。つまり基本的には、ダイブでは外に出かけることの方が多い。この部屋はただスタート地点としての役割が大きい。

また今度書こうと思うが、ダイブは魔法が使える世界だ。
僕たちはベランダから街へ繰り出す。
ベランダには柵のない部分があって、僕らはそこから飛んでいく。昔から空を飛ぶ夢はよく見たものだが、空を飛ぶのは楽しい。


ダイブで1番大切にしていることは、楽しさだ。
リアリティだとか、そういうことは二の次にしている。もちろんあまりに非現実的だと自分が違和感を感じてしまってうまくいかないこともあるが、大体はただ自分たちにとって都合のいい世界になっている。

この世界は、想像できることはなんでもできる。空を飛ぶこともできるし、手から炎だって出せる。
現実逃避だと思われるかもしれないが、それでいいのだ。どうしてダイブが現実のようである必要があるんだろう。楽しければそれでいい。自分の都合のいい世界で構わない。
変でもいいし、自分に都合がよくていい。
そういうつもりでいつもやっている。

次回は、部屋の外のことを書きたいと思う。

category: Interpretation

tb: 0   cm: 0

私から  

真幸です。
私からも何か書いて残しておきたいと思います。

恋人という関係になりました。
私にとっては、念願だったと言っても良いかと思います。
本当に長らく、そう思っていました。

牧ちゃんは、本人も言っていますが、恋愛嫌悪の気がありますから、
こうなるまでにはなかなか大変でした。
だから正直なところ、こうなってから
また何か問題が起こるのではと心配していたのですが、
彼女も言う通り、今のところはとても平和です。

でも彼女は、やはり恋人と名乗ることにはいまだに抵抗があるんじゃないかと思います。
彼女は私との友人関係にこだわっていました。
友人とか、相棒とか、そういう言葉が好きなようで、
よくこのブログにもそう書いていました。
ずっと彼女の望む関係でいたらよかったのかもしれませんが、
こうなりたかったんですよ。

恋愛嫌悪とは言いますが、彼女は恋愛が嫌いなわけではないのだと思うんです。
よく、理解できないと言っています。

愛情と恋愛とは別物なんですね。
彼女は私を愛してくれますが、
それが恋愛かというと、きっと違うでしょう。

どうして恋人なんかになりたいのか、と
散々、言われたのですが、

好きだから、以外になにかあるんでしょうか。
タルパさんでも誰でも良いのですが、
なぜ恋人になりたかったのか、
世の中の恋人達にお聞きしたいです。
好きだから恋人になりたい、普通じゃないですか。

ただ、牧ちゃんが言うには、
「その普通が理解できないから、僕は恋愛なんてしないしできない」そうで
彼女はセクシャルマイノリティを自認してますし、
そういうひとに、恋愛を押し付けるのは良くないことだと思うのですが、
でも、私は彼女が好きだったので。
ずっと恋人になりたかったんですよ。

私たちはそもそも同じ人間ですし、
考え方だとかがかなり似てますから、
私の気持ちが分からないはずがないと思っていたのですが、
ここにきて、理解し合えないんですよ。
不思議なことです。
ずっと、牧ちゃんにだって分かるはずだと思っていましたが、
私たちにも、考え方の違いはあるということで。

彼女はずっと、そんなものにならなくても、
私のことが特別だと言ってくれていました。
私以上に特別な人間なんてできないだろうし、
死ぬときは私に隣にいて欲しい、とまで言ってくれます。
(それってプロポーズなんじゃないかと思うのですが
それで「恋人にはならない」ですからね)

彼女に恋愛を求めることはしません。
細かい違いがあっても、私たちは愛し合っていますから
別にハイタッチでいいんですよ笑

それに恋人になって、牧ちゃんは本当に
私とふたりで生きていくことにしてくれたのだと思います。
物扱いするのはどうかとも思うのですが、
本当に私のものになったのだと感じます。
私はもとから彼女しかいませんし、
彼女のものだと言ってもいいでしょうから、
これで本当に、私たちは対等になれたのではないかと
そう感じています。

牧ちゃんがよく言うことですが、
よりよい関係であろう
ふたりでしあわせになろう
私たちの関係の変化が、
私たちにとってよりよいものであるように
努力していきたいと思っています。

なにか、色々書きたいことがあるような気もするのですが、
まとまらないので、今回はこれくらいで。

真幸拝

category: Massy

tb: 0   cm: 0

平和  

雑記。
思ったままに打っていたら話がさっぱりまとまらないのだけど、眠いし雑記だしそのまま載せる。


-- 続きを読む --

category: Miscellaneous

tb: 0   cm: 0

りんご  

雑記。

まあ少しだけ経ったのだけれども。付き合い始めて。
あんなに嫌がっていたのを少し恥ずかしくも思う。
特に何も変わりない。

自分は何を嫌がっていたのだろうな。そう思うくらい今は平穏だ。
僕は多分、恋愛を肯定したくなかったのだろうな。
別に、他人がしている恋愛を否定するわけじゃない。僕が否定するような事柄でもない。
リンゴは美味しいって言っている人に向かって、「それは違う!」なんて言うやつはいないだろう。
でも僕は、リンゴを自分の部屋に置きたくなかったんだろうな。

そのたとえ話で言えばだ。
僕はリンゴの見た目は好きだ。でも、リンゴを食べたいと思わない。人が食べてるのはいいけど。
別に嫌いなわけじゃないんだ。食べたくないだけで。
でも食べたくもないのに、部屋に置いておくのなんて、変だろう。
部屋にリンゴがあったら、あ、リンゴ食べるんだ、って思われるだろう。
だから置きたくなかったんだ。
別にリンゴは屋台のリンゴ飴を眺めるので十分だ。
だから、僕の部屋にリンゴを持った人が来たら、追い返したいと思ったんだ。
僕の部屋に我が物顔でリンゴを持ち込んで、平気でテーブルの上に置くような事を、許せなかったんだ。

でも別にいいよな。
テーブルの上にリンゴがあって、僕が食べなくても、そいつが食べるのなら。
僕はそのリンゴを見て、赤くて綺麗だな、と思う。別に、それでいいのだと思う。

真幸がリンゴを食べてくれるのなら、僕の部屋にリンゴがあったっていいのだ。
まさきはリンゴを食べる。リンゴを食べるまさきを僕は眺める。
僕はリンゴを見るのは好きなのだと思う。
そして僕の部屋のテーブルにリンゴを置けるのは、まさきだけなのだと思う。

category: Miscellaneous

tb: 0   cm: 0

私たちの関係について:恋人の定義  

昨日も書いたがまさきと恋人になった。
一連の流れだが、7月1日夜まさきが付き合って欲しい旨を言い出し話をしようということになったが眠すぎて寝オチ、7月2日夜に話し合いの末付き合うことになった。その際僕は「付き合うのはいいが恋人とは何かがよく分からないので、具体的に定義を決めて欲しい」というようなことを言った。
その『恋人とは何かレポート』がようやくある程度出来上がったので、これをもって正式にお付き合いの開始ということにしたいと思う。
また書き換えが必要になるかとは思うが、一応載せておく。


【私たちの関係についての定義】

私たちの関係については今後『恋人』という言葉で表されるものとするが、その定義については以下のように定める。

・辞書やWikipedia等によれば恋人とは二人の個人が恋愛関係にある状態をいうが、恋愛は人によって曖昧であり感覚的に共有することが難しいため、私たちの関係においては必ずしもそれを恋愛に限らないものとする。つまり私たちの言うところの恋人とは、二人の個人が互いを特定のパートナーとして定めた状態を指し、感情の種類については問わない。
・恋人として相手の行動に意見する権利を持つ。ただし絶対的な禁止をするものではない。
・優先して欲しいと意思を示した場合は、優先される権利を持つ。ただしお互いに納得できない場合は話し合いの上意見を一致させるべきである。
・双方の合意があれば、相手にしてはならないこと、しなければならないことはない。意思の確認については事前に確認するか、決められたセーフワードを使用し、セーフワードを言われた場合には即座に行動を中止するものとする。
・『マジカルバナナ』と言われた場合、いかなる状況であっても行動を即座に中止するように努め『バナナと言ったら〇〇』と言わなければならない。『〇〇』にはバナナから連想される物や事柄が入る。
・挨拶や家族、友人間でされる常識的な範囲内でのスキンシップを除き、過度な身体的接触は制限される。例えばキス/ハグ/セックス等は制限される。
・この関係には同時に一人以上とはなれない。双方の合意に基づいてこの関係は解消可能なものとするが、より長く継続した方が良いものと考える。一方的な解消は不可とし、そのような状態になった場合は話し合い等で双方の意見を一致させるものとする。
・恋人は良好な関係を続けるよう努める義務がある。
・恋人は朝と夜におはようとおやすみのキスをするように努める。それ以外にも一日一回以上の身体的接触に努める。
・恋人は一日一回以上、恋人同士にふさわしいくだらないギャグで相手を笑わせるように努める。
・毎月1日を『恋人の日』とし、恋人らしいことをする日とする。恋人らしさが何かは個人の自由とする。
・恋人はイベント等で恋人らしく盛り上がるように努める。
・「恋人はいるか」等の質問に対して、正しく答える必要はない。ただし「いない」と答えた場合でも「恋人はいらない」「興味がない」等の話をするように努める。

このリストは適宜改善していくものとする。


以上です。
二人で仲良くやっていきます。
とりあえず今日は以上。

category: M

tb: 0   cm: 0