FC2ブログ

えむえむず

楽しく生きてるやつの日記みたいなもんです。

他人じゃないということ  

雑記。

イライラしていたり、悲しい気分だったりする時、真幸は僕に声をかける。
「まあまあ、おちついて」とか、そんな風なことだ。
それで少し僕の気持ちは落ち着く。

この前もそんなことがあって、昔から何も変わっていないと思って、少し笑った。
昔から、真幸はそういう役割だった。

昔は、ただ都合のいい存在だと思っていた。
なんて都合のいい存在なんだろう、
僕はこんな都合のいいものを作り出して、傾倒している、自分本位な人間だ。
そんな風に思っていたけど、今はそうでもない。

真幸は他人とは違う。自分自身の分身のような存在だと思う。
めったに喧嘩もしないし、意見が根本的に食い違うこともない。
確かに真幸という僕の友人は存在していると思うけど、それは他人とはあり方が違う。
友人よりも、両親よりも、兄弟よりも、近しい存在だ。
親兄弟が『血を分けた存在』なら、僕たちは『たましいを分けた存在』だろうか。
死が二人を分かつまで、とか言うけど、死んだって分離なんかしないのではと思う。
間違いなく、一番僕に近しい存在だ。

そんな事を言っていたら、真幸にこんな風に言われた。
「たしかにそうやって声をかけるのは僕の役目かもね。それが君にとって都合がいいと言われたらそうなんだろうけど、でも実際、隣り合わせにいきていて、そうするでしょう。あ、必要だな、と思ったら、そうするよ」
「そう言われてみればはじめから、そうすることが僕の役目なんだろうね。落ち込んでいたら慰めるとか、そういうのは。でも僕は、自分で考えてやってるつもりだよ、どんなこともね」
「だって君がイライラしてるのは一番最初に気付くんだからね。当然だと思うよ。一緒にいきてるんだから」


真幸は、だいたいこうだ。
基本が優しいし、僕に献身的だ。
こんな僕に都合のいいことを言う誰かがこいつの他にいるか?いないな。

他人であるべきという考えは、あまりうまくいかない。
僕らは他人でないからだ。
他人がこんな風に四六時中おかまいなしにどこへでも連れまわされたり、僕の気分によってはほとんど放っておかれたりして、仲良くいれるはずはないと思う。僕もつけまわされていつでも口を出されたらいやになるに違いない。
何もかも、僕らは他人じゃないからだ。

僕には他人でない存在が必要だったから真幸がいるのだと思う。
他人でことたりるのだったら適当な学校の友人でもなんでもいいわけだし、それじゃ駄目だったから真幸がいるのだ。
僕らはひとりの人間だから愛しあえるのだと思う。

僕らは明らかに他人じゃない。
真幸は僕にとって最も都合のいい存在だ。
でもそれは当然のことで、別に悪いことじゃない。そういう存在だからだ。
そして、他人である必要はない。

タルパと一緒にいる人は、そういう考えは受け入れられない人もいるだろうけど。
僕たちは一応タルパ・タルパーではないので。何かと参考にはしてるけど。

僕らは他人じゃないのだと思う。
真幸は一番近しい存在だ。



そう言えば愛し合えるとか書いたけど、前に書いた問題は解決していない。
なんで世の中の人々は「愛してる」って言ったら付き合ったり結婚したりするんだろうな。
僕は友達のことも母親のことも愛してると思う。でも付き合ったりしない。一つの選択肢としてはあるのかもしれないけど、友達でいいんじゃないかと思う。結婚って言うと、お金とか子供とか老後のこととか、もっと法的な意味合いも含めた、そういう現実的な話なんだな。僕にとっては。
それは愛じゃなくて好きなのでは。でも僕には違いが分からないんだな。本当は誰のことも愛してないのかもしれない。

多分まさきも本当に僕と恋人になりたいとか夫婦になりたいとか、思ってないんだと思うんだよ。
僕のそういう常々抱いてる疑問について、真幸は問題を突き付けてくる。
世の中のひとはおおむね「愛してる!」と言ったら当然の様に付き合ったり、ひいてはセックスしたりすることを想像するのだろ。
セックスね。僕はソレが漠然と、めちゃくちゃ嫌いなのだな。
まさきのことを愛していると思う。でも友達でいいと思う。
大体すでにこんな一番近しい存在なのに、恋人ってなんだ?よく分からない。
セックスもしたら性欲解消のパートナーにもなれるってことか。僕は性欲の解消とかそういう個人的なことを他人としたいとは思わない。愛してるからセックスっていうのが意味不明なんだ。
真幸も結局は同じ疑問を持ってるんだと思うよ。彼女だって理解できないはずなんだ。


なんだかよく分からなくなってきたので終わる。
真幸に、とにかくお前の思っていることをまとめろと言っておいた。
多分もっと別の問題なのだと思うんだよ。
この件についてはそうしないうちに結論が出ると思う。
多分付き合ったりしないよ。断言しちゃマズいか。
スポンサーサイト



category: Miscellaneous

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://35536.blog40.fc2.com/tb.php/95-f9744f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)