FC2ブログ

えむえむず

楽しく生きてるやつの日記みたいなもんです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

にわのりんご  

まさきの寝物語そのに

***

少女は庭にりんごの木のある家に住んでいた。

りんごは白い花を咲かせて少女を楽しませたし、その後は大きな甘酸っぱい果実をたわわに実らせた。

ある日りんごがこう言った。
「私の花は美しいのでしょうか」

少女はにっこり笑って頷いた。
「もちろん!あなたは美しいわ」
りんごは嬉しくなって、一等綺麗な花をたくさんつけた。

たくさんの花をつけた庭のりんごを見た母が、少女にたずねた。「いったいどうやって、そんなに花を咲かさせたんだい」

少女は、
「りんごに美しいと伝えたのよ」
と母に教えた。

しめしめと思った母は、庭のりんごにこう言った。
「あなた、甘いりんごをたくさんお付けなさいな、でないと切り倒してしまうからね」

その言葉にりんごは怯えて
「いつものりんごではいけませんか」と聞いた。

「あなた向上心はないのかしら、いつものよりもっとずっと甘くなさい。あなたできるでしょう、頑張りなさい」
母親はりんごにそう言い付け、帰ってしまった。

さて困ったりんごは、どうしたら甘くなれるのか考えた。そして水を控えれば、その分実が濃くなるのではと考えて、水を飲まなくなった。

しかしそのうちひどい日照りがやってきて、水を蓄えていなかったりんごはほとんど枯れて、すっかり花を落としてしまった。

「あなたの実、毎年とてもおいしかったのにね」

少女がそういったのを、りんごはただただぼんやりと聞いていたのだった。

おしまい
スポンサーサイト

category: Bedtime story

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://35536.blog40.fc2.com/tb.php/67-b09a9bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。