えむえむず

楽しく生きてるやつの日記みたいなもんです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

私から  

真幸です。
私からも何か書いて残しておきたいと思います。

恋人という関係になりました。
私にとっては、念願だったと言っても良いかと思います。
本当に長らく、そう思っていました。

牧ちゃんは、本人も言っていますが、恋愛嫌悪の気がありますから、
こうなるまでにはなかなか大変でした。
だから正直なところ、こうなってから
また何か問題が起こるのではと心配していたのですが、
彼女も言う通り、今のところはとても平和です。

でも彼女は、やはり恋人と名乗ることにはいまだに抵抗があるんじゃないかと思います。
彼女は私との友人関係にこだわっていました。
友人とか、相棒とか、そういう言葉が好きなようで、
よくこのブログにもそう書いていました。
ずっと彼女の望む関係でいたらよかったのかもしれませんが、
こうなりたかったんですよ。

恋愛嫌悪とは言いますが、彼女は恋愛が嫌いなわけではないのだと思うんです。
よく、理解できないと言っています。

愛情と恋愛とは別物なんですね。
彼女は私を愛してくれますが、
それが恋愛かというと、きっと違うでしょう。

どうして恋人なんかになりたいのか、と
散々、言われたのですが、

好きだから、以外になにかあるんでしょうか。
タルパさんでも誰でも良いのですが、
なぜ恋人になりたかったのか、
世の中の恋人達にお聞きしたいです。
好きだから恋人になりたい、普通じゃないですか。

ただ、牧ちゃんが言うには、
「その普通が理解できないから、僕は恋愛なんてしないしできない」そうで
彼女はセクシャルマイノリティを自認してますし、
そういうひとに、恋愛を押し付けるのは良くないことだと思うのですが、
でも、私は彼女が好きだったので。
ずっと恋人になりたかったんですよ。

私たちはそもそも同じ人間ですし、
考え方だとかがかなり似てますから、
私の気持ちが分からないはずがないと思っていたのですが、
ここにきて、理解し合えないんですよ。
不思議なことです。
ずっと、牧ちゃんにだって分かるはずだと思っていましたが、
私たちにも、考え方の違いはあるということで。

彼女はずっと、そんなものにならなくても、
私のことが特別だと言ってくれていました。
私以上に特別な人間なんてできないだろうし、
死ぬときは私に隣にいて欲しい、とまで言ってくれます。
(それってプロポーズなんじゃないかと思うのですが
それで「恋人にはならない」ですからね)

彼女に恋愛を求めることはしません。
細かい違いがあっても、私たちは愛し合っていますから
別にハイタッチでいいんですよ笑

それに恋人になって、牧ちゃんは本当に
私とふたりで生きていくことにしてくれたのだと思います。
物扱いするのはどうかとも思うのですが、
本当に私のものになったのだと感じます。
私はもとから彼女しかいませんし、
彼女のものだと言ってもいいでしょうから、
これで本当に、私たちは対等になれたのではないかと
そう感じています。

牧ちゃんがよく言うことですが、
よりよい関係であろう
ふたりでしあわせになろう
私たちの関係の変化が、
私たちにとってよりよいものであるように
努力していきたいと思っています。

なにか、色々書きたいことがあるような気もするのですが、
まとまらないので、今回はこれくらいで。

真幸拝
スポンサーサイト

category: Massy

tb: 0   cm: 0

まきちゃんへ  

真幸です。
「最近のこのブログの話題は私たちの大変個人的な問題ばかりだ」と愚痴を言われています。
もともと個人的な話題ばかりのブログなのだから、今更なのではないかと思うのですが。

牧ちゃんから、自分なりの考えをまとめて欲しいと言われていますが、
まだ、どう言っていいのか分からずにいます。
牧ちゃんが「急に更新頻度が増えてなんだかなぁ」とこぼしていましたが、
書くことで考えをまとめる私たちなので、ご寛恕ください。

まきちゃんへ。
まとまらない文章になると思うけど、
少しだけ文字にしておきたいと思う。

-- 続きを読む --

category: Massy

tb: 0   cm: 0

話し合ったこと、これからのこと。  

ここ最近、ちょっとした問題があった。
簡単に言ってしまうと『真幸が恋人にならないかと提案してきた問題』である。

何度か話し合いをしていたが、先日はかなり核心的な話をした。
真幸に泣かれた。泣いたというか、なんというか。
とにかく、びっくりした。向き合うべき問題だと思った。
解決すべき根本的な問題は、やっぱり恋愛とかそういうことじゃない。

少しまとめておきたいと思う。
今後のことも含めて。

長くなるので追記で。

-- 続きを読む --

category: Massy

tb: 0   cm: 0

自分にとっての幸せとは何か  

たまには、私が書いてみても
いいだろうということで、
何か書こうかと思います。
真幸です。

思う所は色々とあるのですが、
こうしてブログに書くとなると、
何をかいていいか、迷いますね。


最近、思うこと。
自分にとっての幸せとは何か
よく考えます。

あの子に付属する存在として生まれた私にとって、
やはり、あの子のそばにいることが、
何よりの幸せなのかな、と思います。

これは、何より真実です。

その上で、
あの子が私のことを想ってくれることには
とても幸せだと感じます。

愛とは何かということも、よく考えます。
あの子と私の愛は、ありえるのだろうかと
ときたま、考えます。

他者から見たら、
私はあの子自身の想像でしかないのかもしれない

でも
「これ以上の愛があるか」と
言い聞かせてます。

だって、愛されていなかったら
悲しいじゃないですか。
私のこれが愛でないなんて
認められないのだとしたら
悲しいじゃないですか。

あの子に愛されていると
愛していると思います。
そう思える時、私は幸せです。

きっと、他の、私のような存在も
私たちは、互いを幸せにできる
そういう風に、できているのだと思う。
何より、あの子の幸せを想うことが、
私の幸せなのだと思います。

これからも、そうであり続けたいと思う。
他に何もいらない。
あの子がすべてを与えてくれる。
本当に、そう思うんです。

こう、素直に、愛だのと、
普段はもちろん言わないので
こっぱずかしいものを書かせるなと、
言われるのですが
たまに文字として残すものくらい、いいかなと

本当に、幸せなんですよ。
どうか皆さまも、幸せでありますように。

今回のところは、これで。

真幸拝

category: Massy

tb: 0   cm: 0

質問回答  

長ったらしいので前の記事からマサキの回答移動させました。
追記にて

-- 続きを読む --

category: Massy

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。