fc2ブログ

えむえむず

楽しく生きてるやつの日記みたいなもんです。

絵(おだいぶ関連)  

Twitterに垂れ流していたダイブ先(とまさき)を描いた絵をまとめておく。とりあえず三枚。
おそらく他人にとっては超絶どうでもいい情報もメモっておく。
読んでもダイブの地名とかしらねーってなる情報多いので注意。

-- 続きを読む --

category: Image

tb: 0   cm: 2

おだいぶ首都  

おだいぶ紹介というか自分用のメモ。
多分書き足す。

首都セントリナス(Saint Linus)
12区に分かれ(0区の中央公園セントラルステージ含め13区)、各区で雰囲気が違う。

○地理・天候的なこと
・北側に行くほど丘が多い
・南に行くほど人口密度が高い
・東西に長距離鉄道が横断している
・地下が存在している
・季節による温度変化が少ない穏やかな気候。

○交通
・交通はほとんどが公共交通機関に依存する
・地下鉄(各区を回る環状線)が通っている。中央環状線
・各区に駅があり、さらに東西南北にちょっと大きめの駅がある(12・1区の境、3・4区の境、6・7区の境、9・10区の境)
・町の外へつながる長距離鉄道は三駅(0区の駅、3・4区の境にある駅、9・10区の境にある駅)にとまる。
・そのほか街中をケーブルカー、路面電車等が走っている


セントリナス

▼そのた
○0区(中央公園、セントラルステージ)
国立の建物と公園しかない。政府や国立の学校がある。大人の行く学校はここのみ。政府はやたら無機質なところで人を見かけない。大きな国立の図書館がある
○9区
自分らの住んでるところ。中流階級の多い落ち着いた綺麗なとこ。学校に行きやすい。
○12区
治安あまりよくない。大体が繁華街。妙に安いアパートとか多いらしい。地下街と関係が深いよう。安く呑める居酒屋が多い。
○地下
下水道や地下鉄設備から、規模が分からないスラムが広がっている

//そのほかは行ったことない知らんとことか。また書き足す。


こんな感じだなと思ったところ

category: Interpretation

tb: 0   cm: 0

おだいぶについて  

とりあえず自分用にめも。書くこと思いついたら書き足すかもしれない。

まずダイブについてはwikiを参照のこと、俺としては人それぞれなんじゃないかとしか。
いわく自ら作り上げた精神世界に入り込むことだそうです。俺がしていることもそこから逸脱してはいないはず。

○拙宅のおダイブのありかた
・精神世界であって現実には存在しない空想の場所である
・自分とまさきが同等に存在できる場所である
・高村個人の意思とは独立した場所である
・日にち、時間経過は現実と同じ

○地理(とりあえず認識範囲をおおまかに)
・北西~北の国境は山脈(タンゼンス)、それ以外は海に面している
・タンゼンスの端の北東側は荒地(図の緑らへん、ヒース的な土地がかなりの面積に広がる
・タンゼンから大河(トルカニニ)が南東に向かって流れている
・中央に首都(セントリナス)がある(図の赤いとこらへん)
・大きな鉄道が川と交差するように北東から南西に通っている

おダイブ図2


○どんなとこかめも
・土地に町があって人がいる点では現実とそう変わらない異世界的な場所
・とにかく平和
・一年を通して過ごしやすい温暖な気候。北に行くほど寒い。
・魔法的なものが存在している
├人種や個人によってかなりの差があるが、ほとんどの住民がまじない程度なら使える(生活で使うものは学校で習う)
├魔法由来の通信技術がある(用途は携帯みたいなもん
└本格的に魔法使いになりたかったら義務教育終了後に魔法科に進めばよい(ただし魔法の力は生まれ持っての差が大きい)
・15歳で成人。通常12歳までが義務教育
├教育課程は飛び級可能
├通常は、初等小学(6~12歳まで、義務教育)→高等小学(15歳成人まで)→大学(成人以上、首都のみ)
└高等小までは各地にあるが、大学は首都にのみ存在。大学まで行く人はかなり少ない。大学の他に塾や職業学校みたいなものもある。高等小→大学はストレート合格する人よりも、間に塾を挟む人が多い。
・生態系はこちらとかなり違う。竜とか人魚とか獣人間とか割と何でもいる上、身体的性別が二分化できない。多くの生物がセックスによって子をなさない。
・物理法則はおそらく地球とそうかわらない(空を飛ぶ原理とかで何か違うのかもしれない)
・移動は魔法でできる、そのへんご都合主義。
・人はいくらでもいるが他人。モブっていうかNPCみたいなもん。人口はマサキチョンいわく5000万人程度(スペインくらい)
・魔法が使えると手に職なのでお金に困らない(素晴らしい)

category: Interpretation

tb: 0   cm: 0

おだいぶ  

高村はダイブとかそういう高度なことできてません。はじめに。
離脱にしろ今モソモソ訓練中です。
夢は多分結構鮮明に見てる方(五感、感情ともに起きて多少混乱することがある程度には鮮明)なので、もう少し自由度が上がればそれっぽくなるのかなと思います。

追記:こいつ結局ダイブできてんの?できてないの?って自分で読んでて思ったから書いておく。
目指しているのはしっかり五感のあるダイブ。いま僕ができるのは「深く妄想しまくってどこか行った気何かした気になる」レベル。
まさきはそちらに入り浸れるけど自分はそこまでじゃないので、その状態で現地の人とあまり関わりたくないなと。嫌な矛盾が生じそうなので。ただし数回それらしくできているので、もそもそ訓練中なう。



まあ気楽に……
急いで変なことになるのは真幸が一番心配していることだと思う。
今のままでもいいと言ってくれるけど、手を握って抱き合えればもっといいに決まってる。と思う。

ほんでダイブについて、まさきの言う「精神世界」というのがそれなんだろうなと思ってます。
「あそこはきっと君の精神世界なんだろう」との話。
で、マサキのいうそこが自分のダイブ世界ってことで、どんな場所なのかマサキと確認しあうことを最近してます。
その辺の世界観は自分の中でまとまったら個別の記事でまとめたいな。



なんか長くなったので追記で。
-- 続きを読む --

category: Incident

tb: 0   cm: 0