fc2ブログ

えむえむず

楽しく生きてるやつの日記みたいなもんです。

平和  

雑記。
思ったままに打っていたら話がさっぱりまとまらないのだけど、眠いし雑記だしそのまま載せる。


-- 続きを読む --

category: Miscellaneous

tb: 0   cm: 0

りんご  

雑記。

まあ少しだけ経ったのだけれども。付き合い始めて。
あんなに嫌がっていたのを少し恥ずかしくも思う。
特に何も変わりない。

自分は何を嫌がっていたのだろうな。そう思うくらい今は平穏だ。
僕は多分、恋愛を肯定したくなかったのだろうな。
別に、他人がしている恋愛を否定するわけじゃない。僕が否定するような事柄でもない。
リンゴは美味しいって言っている人に向かって、「それは違う!」なんて言うやつはいないだろう。
でも僕は、リンゴを自分の部屋に置きたくなかったんだろうな。

そのたとえ話で言えばだ。
僕はリンゴの見た目は好きだ。でも、リンゴを食べたいと思わない。人が食べてるのはいいけど。
別に嫌いなわけじゃないんだ。食べたくないだけで。
でも食べたくもないのに、部屋に置いておくのなんて、変だろう。
部屋にリンゴがあったら、あ、リンゴ食べるんだ、って思われるだろう。
だから置きたくなかったんだ。
別にリンゴは屋台のリンゴ飴を眺めるので十分だ。
だから、僕の部屋にリンゴを持った人が来たら、追い返したいと思ったんだ。
僕の部屋に我が物顔でリンゴを持ち込んで、平気でテーブルの上に置くような事を、許せなかったんだ。

でも別にいいよな。
テーブルの上にリンゴがあって、僕が食べなくても、そいつが食べるのなら。
僕はそのリンゴを見て、赤くて綺麗だな、と思う。別に、それでいいのだと思う。

真幸がリンゴを食べてくれるのなら、僕の部屋にリンゴがあったっていいのだ。
まさきはリンゴを食べる。リンゴを食べるまさきを僕は眺める。
僕はリンゴを見るのは好きなのだと思う。
そして僕の部屋のテーブルにリンゴを置けるのは、まさきだけなのだと思う。

category: Miscellaneous

tb: 0   cm: 0

私たちの関係について:恋人の定義  

昨日も書いたがまさきと恋人になった。
一連の流れだが、7月1日夜まさきが付き合って欲しい旨を言い出し話をしようということになったが眠すぎて寝オチ、7月2日夜に話し合いの末付き合うことになった。その際僕は「付き合うのはいいが恋人とは何かがよく分からないので、具体的に定義を決めて欲しい」というようなことを言った。
その『恋人とは何かレポート』がようやくある程度出来上がったので、これをもって正式にお付き合いの開始ということにしたいと思う。
また書き換えが必要になるかとは思うが、一応載せておく。


【私たちの関係についての定義】

私たちの関係については今後『恋人』という言葉で表されるものとするが、その定義については以下のように定める。

・辞書やWikipedia等によれば恋人とは二人の個人が恋愛関係にある状態をいうが、恋愛は人によって曖昧であり感覚的に共有することが難しいため、私たちの関係においては必ずしもそれを恋愛に限らないものとする。つまり私たちの言うところの恋人とは、二人の個人が互いを特定のパートナーとして定めた状態を指し、感情の種類については問わない。
・恋人として相手の行動に意見する権利を持つ。ただし絶対的な禁止をするものではない。
・優先して欲しいと意思を示した場合は、優先される権利を持つ。ただしお互いに納得できない場合は話し合いの上意見を一致させるべきである。
・双方の合意があれば、相手にしてはならないこと、しなければならないことはない。意思の確認については事前に確認するか、決められたセーフワードを使用し、セーフワードを言われた場合には即座に行動を中止するものとする。
・『マジカルバナナ』と言われた場合、いかなる状況であっても行動を即座に中止するように努め『バナナと言ったら〇〇』と言わなければならない。『〇〇』にはバナナから連想される物や事柄が入る。
・挨拶や家族、友人間でされる常識的な範囲内でのスキンシップを除き、過度な身体的接触は制限される。例えばキス/ハグ/セックス等は制限される。
・この関係には同時に一人以上とはなれない。双方の合意に基づいてこの関係は解消可能なものとするが、より長く継続した方が良いものと考える。一方的な解消は不可とし、そのような状態になった場合は話し合い等で双方の意見を一致させるものとする。
・恋人は良好な関係を続けるよう努める義務がある。
・恋人は朝と夜におはようとおやすみのキスをするように努める。それ以外にも一日一回以上の身体的接触に努める。
・恋人は一日一回以上、恋人同士にふさわしいくだらないギャグで相手を笑わせるように努める。
・毎月1日を『恋人の日』とし、恋人らしいことをする日とする。恋人らしさが何かは個人の自由とする。
・恋人はイベント等で恋人らしく盛り上がるように努める。
・「恋人はいるか」等の質問に対して、正しく答える必要はない。ただし「いない」と答えた場合でも「恋人はいらない」「興味がない」等の話をするように努める。

このリストは適宜改善していくものとする。


以上です。
二人で仲良くやっていきます。
とりあえず今日は以上。

category: M

tb: 0   cm: 0

報告  

Twitterで呟いていたが、先日から、まさきと付き合うことになった。パッパカパーン
良いことだよな。

恋人になった。

このブログには散々色々書いていたけれど、今となっては一体何に頑なになっていたのかよく分からないでいる。
今でももちろん恋愛なんてよく分からないと思う。けれど、まさきが望むことで、僕にマイナスなことなんてあるだろうか。むしろ恋人なんてもの、まさき以外にどんな人間となるっていうんだろう。そう思えば付き合うことの方が自然だったような気さえしている。

正直もっと前にこうなるつもりだった。僕が付き合うか、と行った時に。そう思い通りにはいかなかったけど。
でも次にそういう話題を出されたら、ぐだぐだ言わずとっとと付き合おうと思っていた。
それで先日まさきが例のごとくまた恋人がどうのと言い出したので、この度お付き合いをする運びとなった。

まさきから言われて流されるような形でこうなることは、僕にとって逃げなのだろうと思う。恋愛なんて興味ないけど、まさきが言うから仕方なく、みたいなスタンスは、ずるいのではないかという気がする。

恋人になりたいと思っていなかったのも、自分がセクシャルマイノリティであることも本当だ。ただ、嘘偽りなく、まさきが大切だと思うし、彼女という存在を愛していると思う。それが友愛だとか家族愛だとか性愛だとか、そういうことはとりあえずは考えないことにしたい。
つまり、僕は望んでまさきと恋人になったのだとここに明記しておく。何も、まさきに流された訳でなく、僕は自分で彼女と恋人になりたかったのだし、僕たちはお互いの同意の上でお付き合いを始めた。それだけは、自分の中できちんとしておきたい。

色々思うところはあるが、とりあえず、報告のみにしたいと思う。色々書いておきたいこともあるので、追って更新する。

どうか僕たちの関係がより良いものでありますように。

category: M

tb: 0   cm: 0

平和だけど  

本当にな〜〜んもない平和な日々です。
揉めてる方がいいとは思わないけど、揉めてる方が話す機会が多いな。必要以上には話さない。でも、これくらいがちょうど良い距離感なのかもしれないな。

とはいえ、何かしたいなと思ってます。
実はアクキーか何かを作る企画を考えていたのだけど、いまは少し忙しいのでまた落ち着いたらアナウンスします。早くても夏の終わりになってしまうかなぁ。


とりあえず、何かしたいなと思うので。
ブログに、ダイブの話を書きたいと思います。

前からまとめたいなぁとは思っていたのだけど、ついつい面倒臭くなってしまって、結局ほとんど何もブログには書いていない状態です。考えたんだけど、データ的にまとめようとするのが面倒くさくなる要因なのかなと。

だから今回は、主観的に、書きやすい文体でのんびりと書いていきたいと思います。こんな場所だったとか、こんな人がいてどうだったとか。
しばらくはそんな更新をしたいと思うので、よければお付き合い下さい。

ダイブって呼んでるけど、そんな大層な場所でなくただの僕の想像の世界なので、難しいことは考えないで下さいね。こんな場所で暮らしたいなぁという想像をすることはみんなあると思うけども、その想像を現実にするのは殆ど不可能と言っていいんじゃないかな。例えば魔法だとか、不思議な生き物がいるだとか、マサキと僕が対等な存在でいるだとか。そういう想像を現実にするのは無理なので、逆に想像の方に僕らが行くんですよ。それが僕たちにとってのダイブです。

僕にとっては楽しいだけの理想郷みたいな感じです。綺麗なビー玉や貝殻ばかりを入れたガラスの瓶みたいな。そして表現しないと、誰にも知られることのない世界です。だから、人にもどうにかして見せたくなるんですよね。

のんびり更新していきたいなと思います。

category: M

tb: 0   cm: 0